• コインランドリーを不動産投資で活用するコツ

    中古物件や居抜物件を購入して不動産投資に活用するなら、コインランドリーも選択肢に入れてみましょう。

    コインランドリーに必要な設備は、電気と水道ですから、飲食店の居抜物件でもスタイルを変えて経営できます。


    投資効果は大きく、損失が少なくできる傾向にあるのも魅力です。

    ポイントはトイレを設置しなくても良い点にあります。
    コインランドリーは洗濯機と乾燥機を設置してあれば経営できるのですが、トイレが設置されていると衛生的に管理するコストが発生します。

    投資効果を高めるには、トイレを撤去するのも選択肢の一つです。居抜物件にはトイレが設置されている場合が多いのですが、トイレのまま機能させれば利用者にとって便利であるものの、不潔な環境になってしまわないように常時管理する態勢が求められます。

    コインランドリーに投資について知りたいならこのサイトです。

    トイレを撤去するのが極端であるのなら、トイレは従業員専用にしてしまう方法もあります。


    オーナーや、売上金回収担当者が訪問したときにだけ、利用者を限定して使用できるように設定しておく方法も良いでしょう。
    コインランドリーはコストを抑制しながら維持管理することで投資効果を高められます。限られた面積でも洗濯機と乾燥機を設置できますし、維持管理そのものは容易です。



    害獣や野良猫が入らないように、建物を管理するようにしましょう。

    害獣や野良猫による環境衛生の悪化は、コインランドリーのリピータを減少させてしまいます。
    衛生的に清潔に維持管理するために、いかにコストを無理なく抑制できるのかがポイントです。